第3回リーサ・フォーラムのご案内

第3回リーサ・フォーラムを下記の通り開催いたします。

第3回は2019年最初のフォーラムであるとともに、リーサ・フォーラムの特徴である協働のプラットフォームとして開催いたします。テーマは「次世代地方創生に向けての真の官民連携」であり、講師は坂根工博様(国土交通省大臣官房審議官)です。

リーサ会員の他、多くの方々の参加を歓迎いたします。本フォーラムでは、講師の講演を軸にして、参加者同士による問題提起・議論・プロジェクト創出等を行いますので、論客を自認し、今後の不動産投資のあり方に一石を投じようとする方々の参加を期待しております。

地方の現状を踏まえて、国による多様な官民連携施策等を披露いただき、それらを地方創生してきた方々と真の官民連携の実現に向けての議論を深めたいと思います。

参加希望の方は、別紙の「参加申込フォーム」にてお申し込みをお願いいたします。リーサ会員には割引特典もありますので、この機会にリーサ会員への加盟をお勧めします。

第3回RESAフォーラム概要

テーマ 次世代地方創生に向けての真の官民連携
参加費 10,000円(RESA会員の方は、8,000円(税込))
参加申込 下記より、申込用紙をダウンロードいただき、FAXまたはinfo@platinum-pub.co.jpまでお送りください。

スケジュール

2019年2月26日(火)
17:45 開場
18:00〜19:30 講演『次世代地方創生に向けての真の官民連携』
講師:坂根 工博氏(国土交通省 大臣官房審議官 総合政策局担当)
19:30〜19:40 休憩
19:40〜20:50 軽食をしながらの質疑応答・ディスカッション
— 社会的背景、制度・手法、対象(PRE、CRE)、フェーズ(構想〜マネジメント)
20:50 閉会
会場 3×3Lab Future サロン
東京都千代田区大手町1-1-2 大手町タワー・JXビル1階
http://www.ecozzeria.jp/about/facility.html

※<RESAフォーラム(リーサ・フォーラム)>
第1回:設立フォーラムであり、清水千弘氏(日本大学教授、MIT不動産研究センター研究員)による講演(不動産投資の魅力とリスク)です。
第2回:RESAMフォーラム(リーサム・フォーラム、不動産総合戦略マスター認定フォーラム)であり、佐藤一雄氏(当協会理事、元SATAS代表)と、水谷敏也氏(当協会客員研究員、元三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニアアナリスト)によるパネルディスカッション(不動産投資を巡る環境変化と今後の不動産コンサルタントへの期待)です。