リーサオピニオン

リーサオピニオン

第三者的な的確な論評や情報発信

「不動産投資」は国民の資産形成に有効・重要ですが、不動産業界は相変わらず十分な信頼を受けていません。
その一因は、現状では不動産投資に係る第三者的な的確な批評・論評や政策提言が十分行われていないことにあると思われます。マスコミに登場する不動産の専門家や学識者は必ずしも適任ではありませんし、業界団体は第三者性がありません。
例えば、住宅の価値、中古住宅リノベと新築、オリンピックと建設市場、カジノとIR,人口減少と地域経済・地方創生・コンパクトシティ、人手不足と建設産業、外国人導入、介護と保育等々、それぞれの課題そして課題相互の関係が十分の咀嚼され解説されていません。
話題として面白く編集されたり、一定の業界の見解が強調されたりしますので、一般の方々には何が正しい情報なのかが判断しにくい状況となっております。
したがって、第三者的な的確な論評や情報発信が必要とされています。
リーサは国民の資産形成のための適正な不動産投資を推進することを目的としていますので、第三者的・専門的な立場で積極的な情報発信をして、その役割を果たしたいと思います。

オピニオン9のプロフィール・視点及び【論評】【提言】はこちらから

村林正次
小林秀樹
本田伸孝
風戸裕樹
吉富聡
渡邊高章
古荘欣吾
水谷敏也
村上敦

オピニオン【論評】【提言】一覧

水谷敏也

OPINION9水谷006

【論評】<コロナ感染症と実態経済の状況> ・コロナ感染症の収束が見えないなかで、実体経済は緩やかながらも回復軌道に向かっている ■コロナ感染症拡大によって不確実性の時代が現実のものとなってしまった まさか自分が生きている […]

OPINION9緊急提言(その2)

「その1」に続いて、「アフターコロナの行方(その2)」をテーマにオピニオン9による「リーサオピニオン緊急提言」をリリースします。 OPINION9緊急提言(その2)

水谷敏也

OPINION9水谷005

【論評】<パンデミックと人々の意識の変化>新型コロナウイルス感染症収束後には経済及び社会構造が大きく変化すると予想 ■コロナ感染症拡大が終息するには相当程度の時間が掛かる見通し 国内での新型コロナウイルス感染症拡大は、よ […]

OPINION9緊急提言(その1)

「緊急事態宣言の解除」を受けて、「アフターコロナの行方(その1)」をテーマにオピニオン9による「リーサオピニオン緊急提言」をリリースします。 OPINION9緊急提言(その1)

OPINION9水谷004

【論評】 <人口減少社会のなかでの資産形成> 日本特有の現預金に偏った個人金融資産を是正することは国益に叶った施策である ■日本の人口は予想を上回るペースで減少している 人厚生労働省によると、2019年に生まれた日本人の […]

OPINION9村林006

【提言005】 <不動産の資産価値の再考> ・不動産は国民の主要な資産であると言われてきましたが、その実態は資産ではなく負債であることが多いものです。 住宅が個人の大きな資産として計上されていますが、その大半は土地であり […]

OPINION9古荘003

【所感】 <真の不動産アドバイザーとしてRESAと共に行いたいこと> ・2020年の年頭に当たり、昨年を振り返り、今年、RESAの一員として取り組みたいことです。 ■不動産相談会からの示唆 2019年下期に街頭相談会に初 […]

OPINION9吉富003

【論評】   <もうけないと続かない「街づくり」>     街づくりは事業です。“ただ”では街づくりはできない。 ■稼ぐ街づくり 「人」は生活のために収入を得る「仕事」が必要であり「仕事」がなければ「人」は集まらない。又 […]

OPINION9村上004

【論評】  前回のコラムでは、ドイツの都市計画で肝となっている「建設誘導計画(Fプラン、Bプラン)」について、その計画が基礎自治体で策定される枠組み(自然保護法との兼ね合い)を紹介しました。  今回は、ドイツ・フライブル […]

OPINION9風戸003

【論評】 <タイ不動産のREIT市場の歴史と現状について>  ■タイのREITの歴史 1997年のアジア金融危機を受けて、タイ証券取引所(SET)は、新しい証券化ビークルであるPFPO、つまり公募プロパティファンドを導入 […]

OPINION9水谷003

【提言】 <都道府県地価調査が示唆しているもの> ・不動産を評価する基準は、「値上がり益期待」から「如何に収益を生むか」へと大きく変化している。 ■全国地価は、商業地、住宅地ともに上昇基調を強めている 9月中旬、国土交通 […]

OPINION9村上003

【論評 003】 <ドイツにおける都市計画(その2)>  前回のコラムでは、ドイツの都市計画制度の枠組みについて、概要を紹介しました。  「建設誘導計画」は、Fプラン(土地利用計画)とBプラン(建設計画)のセットで各自治 […]

OPINION9村林005

【論評・提言005】  <日本のカタチ考(その1):背景と論点・視点> ・人口減少時代、成熟時代、人生100年時代、空家増大、インバウンド、地方創生、消滅自治体、災害日本、年金不安等と日本の将来を不安視し、そのバラバラの […]

OPINION9渡邉003

【提言】 <「地方創生において地域金融機関が果たすべき役割について ~投融資の現場から感じること~」> ・昨今、地域金融機関のあり方について様々な論評が発信されています。衰退する地域のなかで、地域金融機関はどのようにビジ […]

OPINION9風戸002

【提言】  <シンガポールの政治経済と不動産制度> 一人あたりGDPにおいて日本を大きく追い抜いたシンガポールの政治経済と 不動産価格の安定化についての外国人規制についてを考察   ■実質一党(一族)独裁体制の […]

OPINION9本田002

<リテ-ル業務における地域金融機関戦略の実態> ~住宅ローン推進の光と影~ 金融機関経営における喫緊の検討テーマとは「健全性の確保」「収益性の向上」 「経営基盤の強化」に他ならないが、より具体性のある戦略・施策を自助努力 […]

OPINION9村林004

【論評・提言 004】 ・長い時間をかけて、ようやくカジノ法案が成立しました。これからはどこにどんなカジノをつ創るか、創らないのかが問われています。 ・一方で観光立国を目指している日本はすでにオーバーツーリズム問題も発生 […]

OPINION9古荘002

【提言】 <もし、過去に経験した資産価格の調整が、今後起きたら> ・平成バブル崩壊、リーマンショックを経験し、次回来るかもしれない経済ショックへの対応策について ■私は、前職において、平成バブル時に大変大きな損失を造りま […]

OPINION9水谷002

【提言】 <人口減少社会に対する処方箋を考える> ・2020年以降は社会構造の変化が急速に進展する可能性があり、移民政策を本格的に議論すべきである。 ■人口減少シナリオは既に始まっており、悲観論一色の様相を呈している わ […]

OPINION9村林003

  【論評・提言003】 <平成の都市開発を振り返る(その3)>  ・【論評001】では2000年までの状況に触れましたが、今回はその後の都市開発の動向について触れたいと思います。 特に関連の法制度で最も都市再 […]

OPINION9吉富002

【論評】  <ライフスタイルの変化をとらえながら創る「街づくり」>     人生100年時代の個人のライフスタイルを支える街づくりを考える ■消費活動の変化 ライフスタイルと大きくかかわるのが消費活動です。個々のライフス […]

OPINION9村上002

【論評】 <ドイツにおける都市計画(その1)> 「持続可能性という視点でのドイツの都市計画制度」 ■ドイツの都市計画制度の枠組み 前回のコラムでは、不動産の持続可能性について述べました。不動産を構成する「建築物」について […]

OPINION9渡邉002

【提言002】「鞆まちづくり会社の挑戦を通じた地方創生の課題提起」  ・福山市鞆の浦及びその周辺地域を題材に、町並みや港湾遺産、風景資産を活かした収益事業を展開し、民間企業による自立的な地域活性化を図っていく組織として昨 […]

コメントなし

OPINION9小林002

【提言002】 <不動産活用時代における建築規制の抜本改革-自己責任を受け入れつつ規制緩和->  ・既存建築を有効活用する時代に向けて、建築規制の抜本改革を提案したい。建築規制は、集団規定(容積率や建蔽率、立地規制 […]

コメントなし

OPINION9村林002

【論評002】   <平成の都市開発を振り返る(その2)> ・(その1)では、さわりだけ記載しましたが、改めて、30年を通して震災・災害について振り返ってみます。多くの震災・災害はありましたが、やはり、阪神・淡路大震災( […]

コメントなし

OPINION9古荘001

【提言】 <変わりつつあるオフィスに対する考え方>   ・今後、従来型のオフィスは小さくなり、サービスオフィスとコワーキングオフィスが増加するのではないでしょうか。   ■従来型オフィスの必要性 私た […]

コメントなし
小林秀樹

OPINION9小林001

【提言】 <人口減少時代の住まいとまちづくり> ・空き家の常識を疑う-空き家が増えているのは人口減少の影響ではない?- 筆者は都市計画、中でも住環境計画を専門としており、自治体の住宅政策に関わることが多 い。そこで最近話 […]

コメントなし

OPINION9吉富001

【提案】 <新たな時代の国土のかたち~ 豊かに生きていくための街づくり > ・街づくりは新しいモノを創ることだけではなく、地域の価値を見直し、今の問題を解決する 「智慧」が街づくりだと ・地方の中心市街地の衰退が進むなか […]

コメントなし

OPINION9村上001

<不動産における持続可能性>   ・他の工業国とは比較しえないスピードで人口減少局面に突入した日本で、不動産に期待される持続可能性とは   ■持続可能でない日本の不動産 資産とはいったい何でしょうか? […]

コメントなし

OPINION9本田001

【論評】 <個人向け不動産融資への取組み姿勢を再考する> ・セミナーの日銀による低金利政策の影響を受け、金融機関は総じて収益力低下の状態にあるが、その中で不動産融資は収益を確保できる唯一の運用手段でもある。しかし、昨年来 […]

コメントなし

OPINION9村林001

【論評】 <平成の都市開発を振り返る(その1)>   ・「令和」に改元されましたが、何かが本質的に変わるわけではありません。 「平成」はバブル&バブル崩壊、消費税増税、リーマンショック等の経済面での低迷、政権交 […]

コメントなし

OPINION9渡邉001

<地方創生におけるファンドビジネス>   ・地方創生において、ファンドビジネスはどのように貢献するべきか。リスクマネー供給の現状から問題提起する。」   ■はじめに わたしは、2017年末に不動産投資 […]

コメントなし

OPINION9水谷001

<一人当たりGDPを増加させる施策を考える>   ・経済を活性化するためには労働生産性を向上させることによって、一人当たりGDPを増加させる必要がある。   ■日本経済停滞が叫ばれて久しい状況にある […]

コメントなし

OPINION9風戸001

【提言】 <日本と東南アジアの新築マンション取引慣習と外国人所有規制> ■日本における新築マンションの販売手法 2016 年シンガポールに移住をし、東南アジア不動産の売買、賃貸の広告や取引を学び、 実践してき […]

コメントなし