協働プラットフォーム形成に向けて

【協働プラットフォーム形成に向けて】

今期は下記のようなスタンスで改めて、協働プラットフォーム形成を実現したいと思います。
つきましては、以下の具体的な取り組みについてご連絡いただければと思います。HPにも概略掲載中。
リーサ個人会員登録をお勧めします。

1.固定資産税再評価(新規評価も含む)
概ね5000㎡以上の商業、医療、物流、工場等が対象です。資産の保有者あるいはFM担当者の方へ。
2.無足場両断熱RC工法の普及・採用
人材不足時代に高性能、省工程による新工法です。
現在、関連セミナー募集中です(resanet.or.jp/notice/
3.CLT/VTV工法による高齢者施設整備等
木材利用が急速に進展しています。構造体として強靭で使いやすいCLT/VTVを活用した建物はコスト面・外観面でも優れています。特に今後とも需要のある高齢者施設においても有用だと思います。施設運営者との連携も含めて専門的にご相談・対応致します
4.PRE/CREの利活用
公有地は地方都市等においても総合管理計画が策定されていますが、立地が良くても具体の事業化に進むものは限られています。これは需要面の課題もありますが関係者間の連携やPPP、不動産証券化等のノウハウが欠如していることも大きな原因です。当協会においては「オピニオン9」を軸にして、実践的な多様な取り組みが可能ですので、ご相談下さい。
5.法人会員のお勧め
上記の協働プラットフォーム関連情報の共有。
月次の多様なテーマのリーサレポートの使用権を付与します(A4 2ページ:最後の1/4のスペースを自由に活用して、貴社のPR、顧客・会員への通知チラシ等への利用:有料)http://resanet.or.jp/member/